体験レッスンをしてからピアノ教室を決めよう

女性
ピアノを弾く人

個性を重視した進路選び

音楽系の部活での経験を活かして進路を選ぶ場合には、きめ細かい指導が充実している、武蔵野音楽大学が最適です。演奏や声楽のスキルが高められる点も魅力的ですが、手厚い進路指導も受けられるので、音楽教諭やプロの演奏家も目指せるでしょう。

学生

早いうちから専門分野へ

イラストは、専門学校だけでなく、高校から学ぶこともできます。イラストを学べる高校は、通常の高校と同じように高卒資格が取れることが多く、通学型と通信型があります。通信制であれば全国どこからでも受講できます。プロの講師がいることも多く、実際の働き方を知ることもできます。

教室を選ぶ際に参考になる

ピアノ

教室毎の違いを知る機会

ピアノを習うために教室を探す時には、色々なチェックポイントを検討した方が良いです。ピアノは短期間で身に付くものではなく、長い期間をかけて練習していき、少しずつ上達していくものですので、教室を選ぶ際には長いスパンで通いやすいところを選ぶ必要があります。まずは、距離的なものや時間的なものを考慮しましょう。通い続けるのがあまりに時間がかかったり遠くて交通費も多くかかるようであれば、ライフスタイルが変わった時に続けていくのが難しくなります。次にお月謝や発表会にかかる金額、発表会の頻度や参加の必要性などについても検討しましょう。お月謝の場合は最初は安くても、演奏レベルが上がると連動して値段が上がる教室もあります。一方、どのレベルでも同じお月謝となっている教室もあります。毎月支払う必要がありますので、無理のない金額設定であることが大切です。ピアノ教室と一言で言っても、さまざまなタイプの教室があり、教室の数だけ教え方や先生のタイプも違います。他の人に合う先生が自分にも合うとは限りません。それを見極めるために、体験レッスンが有効です。体験レッスンは多くのピアノ教室で実施しており、通常の1回分のレッスン費用より安い金額または無料で行っている場合が多いです。生徒のレベルに応じて模擬レッスンを行ってくれるので、初心者であっても気兼ねする必要がありません。体験レッスンを受けることで、実際の教え方に触れられます。また、複数の教室で体験レッスンを受けることで、自分に合う先生の見極めがしやすくなります。

ピアノ

多様な形態があります

自分がピアノ教室に通いたい、もしくはお子様をピアノ教室に通わせたい、となったときにどのような選び方をすればいいでしょうか。それはピアノ教室に通う目的を必ず明確にすることです。そうすれば多種多様な形態を持つ教室選びもぐっと候補が絞れます。