体験レッスンをしてからピアノ教室を決めよう

男女

多様な形態があります

ピアノ

目的を必ず明確に

ピアノ教室と一口に言っても実に多種多様なバリエーションが存在するので、自分や子どもが通う教室をどのような基準で選べばいいのか、分からなくなる方も多いのではないでしょうか。例えば楽器店や専門の音楽教室に通って学ぶのか、それとも自宅でピアノ教室を開いている人の所へ通うのかなどの場所の選択肢があります。またピアノの講師となる人も、音楽大学で学んだ人や個人に師事した人、また楽器製造メーカーで音楽教室も経営しているところで資格を取得した人など、その経歴は様々です。ピアノ教室の費用は決して安い物ではありません。これらの多くの選択肢から後悔しないピアノ教室を選ぶために、一つの大きな指針となるものがあります。それはピアノを学ぶ側の明確な目的です。ピアノ教室が多様な存在の仕方をしているように、ピアノを学ぶ側にも多くの違った目的があります。例えば有名なコンクールの入賞やプロフェッショナルとしての活動を意識している人と、楽しく音楽を学びたい、もしくは子どもに学んで欲しいという人ではまったく目的意識が変わってくるはずです。極端な例示をしましたが、自分がまた子どもがどんな目的を持っているかはある程度はっきりさせておくと、ピアノ教室の選び方の助けになることは間違いないと言えます。この目的の明確化ができたらあとは費用や教室の場所、また講師の経歴や人となりなどを総合的に考えることによって、最良のピアノ教室選びができるはずです。